MTBの組立に付いて

完成車の組立調整について

「完成車ならどこの店で買っても一緒!」などと考えていませんか?その考えは間違っています。
たしかに完成車は名前の通りある程度、完成した状態でSHOPに入荷されますが、その完成具合はとりあえず形になっているだけの状態なのです。
そのバイクが本来持っている性能を引き出せるか否かはSHOPの組立次第といっても過言でありません。 これはメーカーやグレード、価格云々の話ではなく、5万円のMTBも50万円のMTBも変わりないことです。


【PRIDE ONEのMTB組立工程】

完成車は通常このような状態で入荷します。
もし、最短で組上げるならこの状態からハンドル、ペダル、サドルを取り付け、変速、ブレーキの調整を行うだけです。 これだけの組立、調整で販売している店も少なくありません。
しかしPRIDE ONEではこれではお客様にはお渡しできません。
それでは、当店の組立を一部紹介させていただきます。

まずはシートポスト挿し込み口のバリをしっかりと取り除きシートポストを取り付けます。
その際、シリコーングリースでの防水、傷つき防止処理を行います。
これを行っていないとサドルの上げ下げでシートポストに傷を付けてしまうだけでなく雨の走行でフレーム内に水が入り溜まってしまうなどトラブルの元となります。

次にバイクをワークススタンドにセットしシフトワイヤ、ブレーキワイヤ、ハンドル周り、フロントフォークを取り外します。

MTB組立写真1
MTB組立写真2

新品のサスペンションでも潤滑状態は十分とはいえません。潤滑状態を確認し程度によりサスペンションを分解し給油します。
またブッシュ、シール、軸受けなどそれぞれに特性がマッチしたオイル(グリース)を選択し使用します。

ヘッドパーツもグリースの量、質が不十分なのでグリスアップを行います。
使用するグリースはお客様の使用用途とヘッドパーツの性能など考慮し選択します。
例えば防水性能の低いヘッドパーツでDHなどハードな用途も考えられる場合は上側ベアリングは防水性能を重視したグリース、下側ベアリングは極圧潤滑性能を重視したグリースを使用します。

MTB組立写真4
MTB組立写真5

フロントフォーク、ハンドル周りを取り付けヘッドベアリングの遊び調整を行います。
ヘッドベアリングの遊び調整を正確に行うにはホイール、ワイヤ類の取り付けられていないこの状態がベストです。

ホイールのフレ取り調整を行います。
当店ではタイヤ・チューブを取り外した状態でフレ取り調整を行っています。
タイヤ・チューブが付いた状態では縦フレを取ることもホイールセンターを出すことも十分に行えません。

MTB組立写真7
MTB組立写真9

ホイールを取り付け、ブレーキパッドのリム当たり調整を行います。
正確にブレーキパッドのリム当たり調整を行うためタイヤ・チューブが付いていないこの状態でなければなりません。

またディレーラ取り付け部の水平、垂直出し調整も行います。
「新車ならディレーラ取り付け部は完全に水平、垂直である」と考えがちですがそれは間違いで大きく狂いのあるものもあります。

シフト、ブレーキワイヤを適当な長さに切断して取り付けます。
もちろん潤滑剤をワイヤ内に封入します。
またアウターワイヤの切断面はグラインダで切削し面出しを行います。
なぜならシフトの場合は”正確なワイヤ送り”、ブレーキの場合は”カッチリとしたタッチ”を得ていてかつ操作が軽いのが理想で、そのためには上記作業が必要となります。
完成車の場合、他モデル、他サイズとワイヤの互換を取るために長めに切断されています。

※アウターワイヤ切断面(左:面出し済、右:面出し未)

MTB組立写真11 MTB組立写真12
MTB組立写真13

シフト、ブレーキ関係の調整を行います。

タイヤ・チューブ、ペダル、補機類を取り付けハンドル、サドル、レバー類の調整を行います。
最後に各所の増し締め、防錆防水処理を行います。

※ここで紹介している組立は一例で、その他さまざまなノウハウが注ぎ込まれます

<<HOME>>