2010-04-04

KINGのグリスアップ

みなさん花見で忙しいのか本日はけっこう暇。春なのにね。ま、でも仕事は
あるんで開店後は昨日お預かりしたTさんのマルタのエア抜き&パッド交換
を済ませます。パッドが残り少ないとリザーバータンクの油面が下がってエア
噛みの原因になるんで、目視で半分以上減ってそうな人はご注意を。パッドが
半分ぐらいでもローターが削れて薄い場合は同じこと。キャリパーピストンの
出具合も見てください。
で、今回のお題目はOHでお預かりしているKさんのフレームのKINGの
メンテ。手で触ってみると回りがスカスカ。あきらかにグリス不足。


まずは先が薄刃の工具を使ってスナップリングを縁をなぞるようにして外します。
で、その下の黒いゴムシールを外すと…


こんな感じ。スカスカでカスカス(笑)。この状態にしてからパーツクリナーで洗浄
→グリスアップして、ゴムシール→スナップリングの順で元に戻します。
よく雑誌とかでKINGのグリスアップと称してスナップリングの上からグリスを
塗ったくってますけど、あれやと水の浸入を防ぐには有効やと思いますけど、
本体のグリスアップという点ではこちらの方が正解?かと。KINGだから大丈夫
ではなくて、KINGだから酷使した人はメンテしてあげましょう。
ちなみにゴムシールとスナップリングのセットは2,100円で購入できます。


KINGネタでもうひとつ。右がInseto用で左が通常のベースプレート。外径&
テーパー角は同じなんですがInset用の方がハイトが低いんです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。