2013-05-20

TRAIL CUTTERガイドツアーへGO!

マーシーこと名取将さんがガイドしてくれるTRAIL CUTTERのツアーへお客さんたちと
お店を休みにして行ってきました。週間予報では当日の19日のみ雨天の予報で前日
ぎりぎりまでやきもきしていましたが、参加者全員の願いもあってか当日朝は快晴!
今回仕事や家庭の事情で来られなかった人が数名でたのですが、当日は8名が集合!

 
参加費の徴収もあったのでマーシーが来る前の8時半に集合。レンタカー組は早めの
8時には現地到着。前日仕事あがりが遅かったTKMさんはそのまま来て2時間の睡眠
だとか。お疲れ様です。

 
鉄HT6台、アルミのフルサスが2台。9時前からミーテンィングを始めて、マーシーから
天気が怪しいので多少予定を前倒しにしてやるとの説明を受けました。
とりあえず午前中にショートを2本、午後にロングを1本とのこと。

 
走り始めてすぐにSBTさんのプチコケもありましたが、まずはショートコースへ。
いつものアップを兼ねた登りがないもんで逆にちょっとした下りにも目がついていかずに
ちょいちょいアンダー気味な感じでしたが、体に余裕がある分慣れるのも早い!


2本目のショートコーススタート直後に重要文化財の樹齢400年の松の下で記念撮影!

午前中はマーシーが先頭でJINYA君が最後尾で。とにかく始まりから終わりまで
きれいに整備され走りやすく、楽しいコースの連続に一同奇声をあげて感動?
普段走っているトレイルとは違う、手間と時間のかかったトレイルにただ脱帽です。
今回は普段走りに行ってるメンバー中心にして行ったんですが、いいタイミングで
止まってマーシーがペースコントロールしてくれるし、速すぎず遅すぎずで10人の
トレインがいい感じでまとまって走ってる。かといってイージーでもなく難しいってわけ
でもない。初めて走ってるところなのにそれぞれのセクションのリズムが変わる
のをあらかじめ教えてもらえるので走りやすかったし、テクニックのレベルの違いはあって
もその人なりの味わい方ができて奥深かった。自分は今回もSHANの650B仕様なんで
事前に聞いてたタイトなコーナーの連続にどうかな?ってのもあったんですが杞憂でした。
逆に似たリズムのコーナーが連続するセクションがあったおかげでどうやったらうまく
タイヤへの負担をへらして曲げられるか考えながら試すことができて、多少うまくなって
帰れたような気がしたぐらい(笑)
写真はないんですが途中にあった新設の1本橋、なかなか手こずって3回チャレンジ
しちゃいました(爆)ARIさんは2つとも一発でクリア。パーフェクトですね。

お昼は車を止めた道の駅のパーキング前にあるちゃんぽん屋で。うまかったねぇ。
ちなみに道の駅の名物の1個52円のクロワッサンは夕方のお持ち帰り用にお昼に
予約しておきましょう。お土産に最適です。20~30個まとめ買いは普通で、つわものは
120~150個の予約をしてましたw

昼食を挟んで午後1時に集合で午後の部スタート。
 
ツアー常連のSBTさんからマーシーが腰痛に効くへんな体操を教わってるとこ(爆)

この時間には雲行きが多少あやしくなって夕方前にはひょっとしたら降るかもなんて
感じに。今度のスタート地点はロングだけあってかなり山頂?付近までマイクロバス
で送ってもらったんですが、午前中はバス中賑やかだったメンバーも眠気に襲われ
静かになってましたね(笑)

 
マーシーのbluesteel

 
JINYA君のJIPSY

 
山頂では6月まで桜が咲いてるそうです。まずはマーシー先頭でスタート!
この後のセクションからJINYA君が先頭でマーシーは最後尾で転がった石を片付けな
がら。JINYAが来てくれから最後尾で走れるようになったってマーシーがうれしそうに
話してました。前から見るのと後ろから見る風景は別ですもんね。最後尾から自分が
作ったトレイルをトレイン作って走ってるお客さんたちが見れるってのはある意味
作った人間の醍醐味というか、最高でしょうね。それにしてもこの午後に走ったロング
コース、最高でした!もう気持ち良くってね、このままず~っと走っていたいぐらい。
これだけじゃなくて、まだまだあるっていうし、未開拓なルートが70kmはあるっていうん
だから。ARIさんやSBTさんは数回TRAIL CUTTERのお世話になってるそうなんですが
それでも毎回新鮮!楽しいそうです。私もほんとにいい感じで走れました!
とはいっても最後の最後でお約束をやらかしたんですが、、、まあ名誉?の負傷ってこと
で、お店来た時にネタとして聞いて下さい。このロングが終わったところで雨がポツリ。
さすがマーシー、終わるタイミングまで完璧でした!今回来れなかった人もまた来ようと
おもってますんでその時はぜひ! 

あと、とてもきれいなトレイルなんで持ってくるのにおすすめなのはハードテールかなと。
グループで来るんだったらホイール径はみんな同じにしておいた方がいいかも。650B
の私もUEMさんも縦方向の動きやちょっとした上り返しにおいて26inchに比べると
スピードの落ちが少ないもんで部分的に回りに合わせるようにブレーキかける回数が
増えました。メリットといえばメリットなんですけどね。 

では、参加者のみなさんお疲れ様でした!マーシーにJINYA君、ありがとう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。