2016-06-02

30mmスピンドルのクランク

現行のSHIMANOのクランク軸というかスピンドル径は24mm。で、それ以外の
メーカーのクランクはというとROTOR始めとして30mmスピンドルが大多数となって
きました。自分の場合はROTOR使ってますが、あの剛性の高さとか踏んだ時の感覚
知ったらなかなか戻れなくなります。 
30mmスピンドル採用しているメーカーでMTB用のクランク出してるのはRACEFACE
e.13、SRAM、TRUVATIV等になりますが、カーボンクランクともなると5~7万円と
非常に高価です。そんな中、YurisがFORMOSAでカーボンクランク出しちゃったよ。
価格は税込39,800円です。

 
地味です。けどそれがいいんじゃない?

で、クランクアーム単体の重量を計ったところ、170mmで
 
482g。 スピンドル長はBB92やJISの68/73のフレームに対応しています。
スピンドルの変更によってFATにも対応、83mmのDHフレーム用のスピンドルで
165mmのクランクがこの先販売されれば夢も広がる、のかな?
今回入荷分は初回ロット分につき、30TのFORMOSAのダイレクトマウントリングが
サービスで付属します。このダイレクトマウントリングの規格はSRAM規格なんで
SRAM用のダイレクトマウントリングやBB30用のスパイダーなら流用できます。
ということはROTORのQX1 SPIDERのSRAM BB30用も。
BBは30mmスピンドル用のRACEFACE、ROTOR等を流用するか、FORMOSAの
取り扱い元のYurisでもお手頃な価格でBBを用意されています。

参考までに。RACEFACEのATLASクランク。
 
618gです。 シマノ以外では珍しく165mmが用意されています。

 
これはBOOST用のチェーンラインがオフセットした2x用スパイダーを装着したもの。 
クランクアーム本体が税別26,500円、BOOST 2x用オフセットスパイダーは税別
5,900円になります。

新型NEXT SL G4はクランクアームのみで税別54,000円、重量は驚きの395g
だそうです。がんばってるなぁ、RACEFACE。 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。