2008-03-29

試乗フォークの66ATA

今さらですが、今年のうちのゾッキ試乗用フォークは66ATAです。
ストローク140~180mmで可変できますし、なにより重量がカタログ値で
2690g、実際手に持った時も見た目と重量のギャップに驚かされます。
なににつけるかっていう話になると自分のやつだとDHバイクのアンカー
しかありません。アールマウンテン系のフレームに合わせたいところ
ですが、そこまで余裕はないんで。


で、全然違う写真ですが、パークのCRC-1というクラウンレースカッティング
ツールを最近購入しました。欲しかった。こんな店やってるのに持ってなかった
もんで(涙)確定申告が予想以上に小額で済んだもんで、こっちに投資しました。
以前うちでMTB購入された方は、OH時にご依頼いただければ無料でこちらの
作業します。


モデル第1号は試乗フォークの66ATAさんにお願いしました~。削り始めです。


で、スカっと終了。この後下玉押しを圧入します。ヘッドチューブのフェイス
カットだけでは解決できなかったステアリングの不具合もこれでなんとかでき
ます。


で、バーンと66ATAがついたうちの貸し出しDHバイクのアンカーでした。
今年の富士見も来月の26日からオープンとのこと。いよいよシーズン本番です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。