2009-01-18

MAVIC R-SYS前輪のリコール

うちではこんな高級ホイール売ったことないんで関係ないんですが、MAVICのR-SYS前輪リコールのお知らせです。現在、同ホイールをご使用中の方はすみやかに使用を中止し、購入されたお店にご相談下さい。 以下、MAVICから来たメールです。


お得意先様各位


顧客安全対策の一環の下、Mavicは、本日2009年1月16日付けで安全予防措置としてR-SYS前輪を自主的にリコールすることを発表いたします。MavicはR-SYS前輪のチューブ式炭素スポークがある特殊な状況下で破損する可能性があると判断しました。これにより、使用者がバランスを失い転倒し、けがをする可能性があります


Mavic R-SYS前輪の全てのモデルがリコールの対象になります。(商品名:R-SYS、R-SYS test、R-SYS Premium) これらの商品単体若しくは完成車の一部として購入した場合も含め、全てのR-SYSが対象になります。直ちに販売および使用を中止して下さい。 お客様は、ただちにR-SYS前輪をMavicの正規取扱店に返却することになります。その代品として、新しくグレードアップされたR-SYS 前輪が無償で提供されます。 交換の手配は2009年3月31日から順次開始致します。また、お客様が最終的な交換車輪を入手されるまでの間、引き続き自転車を使用していただく為に、 Aksium車輪一セットをご用意させていただきます。尚、最終的な交換車輪をお受けになった後もAskium車輪を返却する必要はありません。


Mavicは、現在市場に出ている自転車の多くに新しい革命を起こしてきました。Mavicは、これからもさらなる向上を目指しつつ、デザインと開発技術のリーダーとして存在し続けたいと願っております。Mavicが自転車車輪におけるリーダー的存在となった根底には、常に品質と信頼性をモットーにする我が社の基本的概念がありました。今回、この自主的リコールをとる事で、MavicはR-SYS車輪の品質と信頼性のグレードアップに繋げたいと願っております。 リコールの手続きに関するそれぞれの手順は、郵送書類の実施要綱を順守願います。 更なる情報を必要とする場合は、弊社ホームページ、www.mavic.com にアクセスするか、弊社担当(村上・早田)までご連絡願います。 ご理解とご協力に深く感謝いたします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。