2009-06-12

BBのアップグレード

昨日はIRONの組立が8割方進行して、なんとかお渡しできる
目処がたちました。とはいってもFフォークが間に合わなかった
ので自分のXC700を装着した状態。発注漏れのFD-M665を開店前に
問屋さんから引き取って早速ドライブ系のチェック。

で、写真の状態に。8速にしました。9Sのトップギアでチェーンと
フレームが干渉するので、トップギアを外して替わりにスペーサーを
入れました。ハンガーはDMRのものを加工して装着してます。

で、昨晩夜中にした趣味のパーツ交換(爆)の話。BB編。

クランクがSAINTなんでBBも純正品を使ってましたが、ここもより
低フリクションのBBに交換しようとTOKENのアレをついでに発注。
クランク&BB外してみたら、出てきました「水」。溜まってたよ。
雨の中走った後は必ずピラー外して水抜きしましょう。なんだけど
ご覧の通り、REVOLVERのフレームの中に施された防錆加工のおかげで
きれいなもんです。


上がSM-BB80、SAINT純正品。下がTOKENのロード用BB、TK877TBT。
ティラミックベアリングを採用し、耐久性&回転性に優れています。
通常のベアリングのTK877EXも安価ながら純正品よりかなり回転性では
優れているのですが、耐久性では劣ります。

シマノの場合、MTB用とロード用ではBBのボディの厚みが片側で1mm
違うんですが、TOKENのロード用BBはMTB用をベースに1mm分のスペーサー
を追加することでフィッティングします。ってことでMTB用としても
流用可。ただし、写真のようにSAINTは右BBのネジ山勘合長が長いんで
センターカラーの流用ができません。まあ、サイズ的にギリギリでしたが
センターカラーはTOKENのものをそのまま使いました。SAINT以外のBB
のカラーだとそのまま使えるかと。


交換後はこんな感じ。1~2速ギアが軽くなったような気がします(笑)
TOKENのBB使ってる人なら分るはず。残念なのはカラー展開が赤と金のみ
ということ。うれしいのは価格が12,600円ということ。KINGもいいけど
TOKENもね、、おすすめです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。