2007-09-01

EUROBIKE2007から~

海の向こうのEUROBIKE2007のお話です。なんかMTB復活みたいなノリで
新ネタが満載です。こういうのが大好きなんですわ~
9月に入ったので来週からは日本でも展示会ラッシュが始まりますしね!


シーオッターで展示されてたINTENSEのM6です。そのままかな(笑)


ネットでカナダでテスト中のプロトが紹介されてたROCKYMOUNTAINの
新型DHバイクの「Flatliner」。ユニットの位置がM6に酷似してますが
こちらは直押しだったかな。


SCOTTの新型DH&FRバイクの「GAMBLER」。ストロークは180~230mm。


日本未入荷?のMeerkatのDHバイク。変なメインフレームとユニットのバカ
でかさで思わず載せちゃいました。


YETIのARC-SL。フルカーボンでフレーム重量がユニット込みで1804g!って
書いてあったかも??


cannondaleのScalpel100は完成車の最軽量モデルで8.25kgというから驚き!


HB先生が自慢げに持っているのが新型SIDのWORLDCUP、1440gです。
SL、RACEでも1450gで、それぞれMCのダンパーが違うみたいです。


A&Fさんから08モデルが入荷したとのお知らせのあったR7です。
写真のモデルで1270gとのことですが、ほんまかいな?
このモデルを含め来年のMANITOUの市販上級モデルは全てMADE IN USAです。


DT SWISSのXCR330リム。MTB用のディスク専用カーボンリムで
重量はその名の通り330gだそうです。


MTBネタではないのですが、ツールでも使われてたDURA-ACEの
カーボンクランク。シマノもついにカーボン化の波が…
なんか今回のEUROBIKEはカーボン真っ盛りで、MTBのフルサスでも10kg切るのは
当たり前になってきたみたいですね。
まあでもDHバイクの新型が発表されてるってのはMTB屋としては嬉しいかぎりです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。