2010-06-23

Singular Cycles名古屋初上陸

というわけで昨晩は店閉めてからD.F.さんのCOVERTをバラして
組み直し。サスとかつけてニンマリはいいんですが、頭の中は
本日届くSingular Cycles SWIFTのことでいっぱいです。
で、佐川さんが持ってきた箱を開けて、アライメントチェックして
いいじゃな~いってことで作業開始!


まずがヘッドチューブのフェイスカット。ヘッドマークがいいですね。


ディスクブレーキ台座も面出しして~


付属物のPHIL WOODのエキセントリックBB。こいつがフレームの中に
入ってるなんてもったいない?この仕上げの美しさときたら。


入れる前にネジ山全部にタップしました。ご覧のように塗装が厚いので。
内側は錆止めにクリアが吹いてありましたが、多少凸凹してBBが
入れにくかったので軽く荒めの紙やすりで面出し→グリスコートして挿入。


小物は赤のアルマイトで統一したかったのでBBはTOKENの安い方の
ボディを使用し、中身のベアリングはENDUROのZERO セラミックに交換。
通常のGRADE5のものは以前使ってたので、今回はテストも兼ねて。


で、「SWIFT」完成!身長170cmの私ですが、今回オーダーしたサイズはL。
基本的にパーツは全てDUSTER29erからの移植です。フォークのみ以前つけて
放置されてたNINERのカーボンフォークの白を装着しました。フレームと同色
のクロモリフォークがお値段99,750円で付属しているのですが今回の目的の
ひとつにこのNINERフォークの使用があったので。色が微妙とかつっこまないでね(爆
Lサイズ頼んどいてなんですが、自分に合うか不安はあったものの組みあがった
SWIFTに乗ったらそんな杞憂も吹っ飛びました!ステムは70mmですけどね(W
みなさん気になるであろう?重量ですが、現時点で10.38kgです。インプレは今度!
※試乗を希望される方はいつでも言って下さい!お待ちしております。


で、おまけ。DUSTER29erの音鳴りの原因はXXのカセットの赤丸部分でした。
ロックリングの緩みのせいでガタがあったようでトルクのかかるフリーボディとの
勘合部分の一部がちょっと欠けてます。なんで分かったかというとSWIFTの試乗したら
DUSTER29erと同じ音鳴りがするんですわ。なんでや~と悩んでたら、ちょうど来店
した常連のⅠさんから「後ろの方から音が聞こえますよ」と言われ思い当たりました。
で、XXのカセットはフリーにグリス塗ってメタルタッチを解消してロックリングを
締めたところ音鳴りは消えました。というわけで(確認はしてませんが)私のDUSTER29er
はまだまだ大丈夫そうです。さよならとか書いちゃってごめんな~

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。