2012-11-09

開店前にライド

本日代休というお客さんとNBSへ朝6時に出発。気温は9度ぐらいで多少肌寒いかな
という程度で上に薄いウインドブレーカーを羽織れば気にならないぐらい。登ってるうちに
体も暖まるしね。紅葉もピークはまだ先という感じでしたが山頂近くになるつれ周囲が
黄色く染まっていきます。


NBSを650Bで走るのはこれで2回目。縦方向のギャップに対する走破性の高さや
スピードのノリに関しては明らかに26″を上回ることが体感できます。単純にメリットだけ
でなくデメリットもあることにはあるかなと。横の動きは26”の方が軽快だしスパっと曲げ
やすいしね。まあでも小さな差かなと。細かいターンが連続するような場所ならやっぱり
26″の方が走りやすそう。得意不得意はそれぞれあるし、650Bが全てのいいとこ取り
でないのもたしか。ただ29erと違いポジションが26″に近いもので対応できるので
そんなに迷うこともないでしょうね。今度来る時は前:650Bで後:26”を試そうかなと。
ヘッドアングルがさらに寝るけど、まあ遊びの道具ですから楽しみましょう。
※自己責任にて26inch用のFOX34TALASに650Bホイールを装着しています。
ボトムした際のクリアランスからいって一般の方が試すには非常に危険です。 

関連記事

コメント2件

  • 平井と申します。 より:

    Unknown
    いつも拝見させてもらっております。
    質問なんですが、フォークは何をご使用ですか?
    10月11日の時のものですか?

  • M店長 より:

    RE:
    こんにちは、平井様。
    フォークはそのまま26の34TALASです。
    650Bの34TALASだと肩下がたしか15mmちょい長くなる
    んでSHANにつけるのは無理があるかなと。

    ふだん走ってるトレイルだとボトムまで使うこと
    がないようで、今のところ問題なくいけてます。
    ただあの通りのクリアランスなんであまりお奨めは
    しません。タイヤによっては干渉するでしょうし。
    650BのFLOATをベースに140~150mmぐらいにするのが
    ベストかと思います。

    自分としては単純に同一フレームでどこまでホイール
    径による走破性の差がでるか試したかっただけなんで。
    今回タイヤを前後レーシングラルフにしましたが
    26″よりも径の大きい650Bということでそこそこの
    グリップでも十分安定した走りができました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。