2018-02-21

SANTACRUZ HIGHTOWER試乗車できました。

SANTACRUZ HIGHTOWERを29erで組みました。2018モデルでは新型2車種
NOMAD、HIGHTOWE ltがラインナップされましたが2017年に発売、2年目の
HIGHTOWERを試乗車に選びました。ポイントとしては①29と27.5+のコンパチ
②手持ちのパーツ、サスペンション、ホイール等が使える③リアストローク135mm
が普段のトレイルライドをメインに考えるとちょうどいい④フレームのカラーで
その気になった、以上。で、うれしい誤算もありました。上下リンクのベアリング
内輪サポートの強化カラーが追加されていました。初期型にはなかったものです。
おかげでアクスルシャフトの組み付けトルクが高めになっていますし、リンク
周りの剛性アップにもなっています。
シェイクダウンは前後サスがFOX仕様で。フレームにストックで付属するリアサス
がFOX FLOAT DPSなので手持ちの2016 34FLOAT140を合わせました。この仕様
が最軽量になります。重量はペダル込みで13.4kgでした。最初に組み上がった
この仕様でサスのセッティングもほどほどにパッと乗ってみてニヤケが止まりませ
んでした。詰めないでこの感触ならこれは間違いなく「当たり」です。足回りに
そこまで軽さを意識したチョイスをしなかったにもかかわらず、ペダリングが楽。
29erとは思えない取り回しの良さ。しいて言えば山で走った時の高速セクションの
下りでフロントのストローク150mmあった方がさらによくなりそうな気が、、
当初は前後FOX仕様(フロント140mm)で29er LOWポジション、前後DVO仕様
(フロント150mm)で27.5+ HIポジションを予定していたのですが、29erでも
150mmを試すことにしました。
ちなみにフレームの青いのはカッティングシートで、サンタのロゴは純正デカール
で色換えしてます。DVOの前後サスのデカールはオリジナルで、小物はオレンジ
に再アルマイトしました。


ブレーキは前後SAINT、ローターはHOPEで前8インチ/後7インチ。


ステムはchromag HIFI35の35mm、ハンドルはBZA35を780mmにカット。


サドルはchromag MOOD DT、ドロッパーはFOX Transfer 125mm。


クランクはRF NEXT SL G4 170mm、チェーンリングはchromag Seaqence
30T、デバイスに77designz OVAL + e.13。


カセットはe.13のTRS+ 9-46T、RD-M8000のXTR GSゲージ仕様。


ケーブルの取り回しをきれいにまとめるのが大変。


シェイクダウン時の前後FOX仕様。試乗をこちらの仕様で希望される場合は
事前にご連絡いただければ組み替えておきます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。