2018-06-06

リーチとステム長とホイールベースと

HIGHTOWERのリーチは約430mm。長くは無いし短くもないと。リアセンターは
435mmあります。最近の29フルサスだとこのリアセンターは平均値。以前乗ってた
SB95に比べたら10mm近く短くなってます。それでもハードテールのSHAN GTの
方はエンド交換で420mmにしてあるのもあって、そっちと比較するとあまり曲がり
やすくないかなと。富士見のA/B/C走る分にはそこまで曲がらないってもんでもなか
ったんですが、スキルアップの「一人前」や「新世界」だとフロントの接地感無いや
らグリップ不足感があって狙ったラインをトレースできない。その理由をやっぱり
29だからと考えていました。ステム長はリアセンターが長めなので35mmにして
リア乗りしやすくしたつもりだったんですが、前乗りというか前荷重がしにくい状態
を逆に作ってた。HIGHTOWERのホイールベースって実は27.5フルサスとほぼ同じ
ぐらいの1165mmで短い。27.5のBRONSONと同じです。このホイールベースで
曲がらないとか言ってたらいかんですね。
フォークのDVO DIAMONDのストロークは155mm、肩下は570mm、アッパーリン
クのポジションは「Hi」、BBハイトは345mmです。

この時のハンドル周りの仕様は
ハンドル : chromag BZA35 15mmライズ 780mm
ステム : chromag HIFI35 35mm ライズ0度
スペーサー:10mm+5mm 計15mm
この状態だとスペーサー入れてる分、ハンドルのライズを増やしてスペーサー減らし
てみようか。前荷重を平常にするのにステムをサンタのコンプリートキットと同じ
50mmにしよう。そういえばステムは手持ちのRENTHAL APEX35の40/50mmの
両方持ってるんで試せるなと。

というわけで変更した仕様が

ハンドル : RACEFACE SIXC35 20mmライズ 800mm
ステム : RENTHAL APEX35 50mm ライズ+6度(40mm試したが変化小につき)
スペーサー:10mm

ステム&ハンドルのライズ増やした割にはスペーサーが5mmしか減ってないんです
が、トレイルの斜度のあるセクションを走った後だと高さはここで落ち着きました。
ステムのライズが0度ならハンドルをライズ35mmにしてスペーサー無もアリかと。
このステム長を伸ばす変更はちょっとした賭けだったんですが、効果は大きかった。
フロント側の接地感が分かりやすくなり、タイヤの限界がつかみやすくなったおかげ
でたまに抜けたり滑っても対応できるようになりました。

タイヤに関してですが、富士見パノラマまでは前後MAXXIS MINON DHFを使って
いたのですが、一度試してみたかったのもありMSCTIRESに変更しました。

前後GRIPPER 29X2.3″のデュアルコンパウンドで、フロントに2C AM RACEの
56a/50a、リアに2C AMの62a/60aを装着しました。トレイルだと前後とも
2C AMで十分かもしれません。サイドはPRO SHIELD仕様。MAXXISのEXOと
同程度のプロテクションです。STAN’SのRACESEALANTでチューブレス化して
使いましたが、タイヤサイドや表面からシーラントの滲み漏れもないので気密性
も十分です。また、近年の定番の内幅30~35mmのワイドリム装着を前提とした
デザインなのでタイヤの扁平化が極力が抑えられています。エア圧上げるほど
転がりが軽くなります。ただし、タイヤの重量は1本実測で1kgです。
今回トレイルの下りでは前0.9bar/後1.0barにしたんですがリム打ちしたことは
1度もなかったです。フロントにハックノリス、リアにCushcoreを入れたまま
なのでタイヤのおかげかは微妙ですが。それでもしっかりグリップするし、
扱いやすかったです。その代わり登りがちょっときつかった(笑)。登りで楽した
かったらリアタイヤにTRACTORの29X2.2がおすすめです。それと表記よりも
MSCTIRES太くなる傾向があるようで、GRIPPER29X2.3″は58-622となって
いますが実際は63mm幅でした。2.5″相当ですね。

最近はENDUROスタイルというか、バックパック背負わずに車体にチューブと
ボトル載せてます。背負わないから背中のバックパックとの接触面が熱で蒸れない
し、なにより肩回りが楽でいい。


DAKINEのHOT LAPS GRIPPER、現状サドル下に固定してます。これの他に
RACEFACEのRIP STRIPをウエストに巻きます。このRIP STRIPに携帯工具、
Co2カートリッジ、携帯ポンプ、チェーンコネクター、携帯食、予備ボトルを。
ENSやエンデューロレース、ゲレンデDHではおすすめの装備です。
真夏はボトルだと水の量が足りなくなるんでハイドレーションの方が正解かも。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。